2016年04月23日

ATS-909X日本仕様→FMだけロシア仕様に

How I "modified" my Sangean ATS-909x
https://www.youtube.com/watch?v=iS4o9UKEHKY

Sangean ATS 909X OIRT band FM 64-108 Mhz
https://www.youtube.com/watch?v=fOntRwy8J7Q

上の動画のコメント欄や下の動画で、EUROPE仕様のATS-909XのFMバンドをRUSSIA仕様に変更する方法が説明されていましたので、早速試してみました。

電源OFFの状態で、バックライトボタンを押しながら電源ボタンを長押しすると「RUSSIA」と表示されます。これでFMは64.0 - 108.0 MHzとなります。再度同じ操作で「WIDTH FM」と表示されれば元に戻ります。

普段は76 MHz以下は受信しませんので、防災行政無線の周波数をメモリーにセットして、元の仕様に戻しました。

上の動画はUSA仕様のATS-909Xで、FMはEUROPE仕様、他は狭くなっています。どうやったかわからないとのことですが、同じ操作でしょう。
動画説明より:
My new radio band's: _________Factory band's:
FM: 76 MHz - 108 MHz________87.5 MHz - 108 MHz
LW: 100 KHz - 279 KHz_______153 KHz - 519 KHz
MW: 530 KHz - 1602 KHz______520 KHz - 1710 KHz
SW: 1,603 MHz -- 26,100 MHz___1,711 MHz - 29,999 MHz

下の動画はEUROPE仕様のATS-909Xで、ソフトウェアバージョンは1.29です。私のATS-909Xは1.29Jです。日本仕様と表記されているものを購入しましたが、マニュアルに日本仕様はありません。裏面に記載されているFREQUENCY ALLOCATIONをみるとハードウェアはUSA仕様のようで、それに日本向けのソフトウェアを入れているようです。

ということで、上記操作を行うと、
EUROPE 1.29 → RUSSIA
USA ?.?? → FMはEUROPE、他は改悪
JAPAN 1.29J → FMだけRUSSIA
となるようです。
USA版からの変更はマニュアルにない周波数範囲なのが気になりますが、もしかするとソフトウェアバージョンが古いのかもしれません。とりあえずFMだけ拡張できれば、よく聞く局をメモリーにセットして、元に戻しておけば問題なさそうです。

タグ:ATS-909X
posted by ESL at 10:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2016年04月17日

BBC on 21660 kHz

最近ATS-909Xがメインだったので気にしていなかったのですが、PL-310ETでは21660(10-11Z)のBBCはキャリアだかジャミングだかに負けてしまいます。今日はちょっとBBCの電波が弱いせいもあると思いますが、BW=2kHzまではビートっぽく、BW=1kHzではジャミングのように聞こえる信号のほうが勝(まさ)っています。ATS-909XではNARROWにすると内容もわかるのですが。PL-680で同期検波を試してみましたがロックしてくれませんでした。ICF-SW7600GRも同様でした。
・・・と書いているうちにちょっと信号が上がって来ました。強い時は内容がわかるぐらいですが、フェーディングがあって、結局ところどころしかコピーできません。

[ATS-909X/PL-310ET/PL-680/ICF-SW7600GR, UHV-6]

タグ:BBC
posted by ESL at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信メモ

2016年04月15日

PL-680 SW BAND

PL-310ETやPL-450と違って、PL-680はSWバンドのUP/DOWNで前回の周波数を覚えてくれるところが気に入っています。でも放送バンドを外れるとバンドの上限または下限にリセットされるようです。バンドの範囲はこのラジオ(or TECSUN)の定義になります。

バンド: 周波数範囲(kHz)
120mb: 2245 - 2550
90mb: 3150 - 3450
75mb: 3850 - 4045
60mb: 4700 - 5100
49mb: 5700 - 6300
41mb: 7080 - 7600
31mb: 9200 - 10000
25mb: 11450 - 12200
22mb: 13500 - 13900
19mb: 15000 - 15900
16mb: 17450 - 17900
15mb: 18850 - 19100
13mb: 21430 - 21950
11mb: 25600 - 26100


タグ:PL-680
posted by ESL at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2016年04月11日

ラジオ・タイランドが

またやらかしました(笑)。

久しぶりに受信してみたら、22時JSTに信号が強くなって、こじまひでみさんのニュースが既に始まっ・・・てるのではなく・・・終わりました。「おやすみなさーい」です。

その後、中国語番組が始まりましたので、やっぱりどこかで10分程早くなったようですね。

タグ:HSK9
posted by ESL at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信メモ

2016年04月09日

BBC WS 受信状況 [A16]

BBC World Service (English)のよく聞こえる時間帯・周波数をまとめてみました。
(時刻はUTC、周波数はkHz)

Global Short Wave Frequencies
Short wave frequencies for all regions available from 27 March - 29 October 2016

East Asia
Time (GMT)	Days	Frequency (kHz)
10:00 - 11:00 Daily 21660
10:00 - 12:00 Daily 15285, 17760
10:00 - 14:00 Daily 9740
12:00 - 13:00 Daily 11750
12:00 - 14:00 Daily 5875
13:00 - 14:00 Daily 6195
22:00 - 23:00 Daily 5905, 7485
22:00 - 00:00 Daily 5840, 9740, 9890
23:00 - 00:00 Daily 12010

このうち、5840 kHzだけ聞こえませんでした。
21660 kHzを聞きながらこれを書いていますが、昔使っていたBCLラジオはハイバンド非対応で未知の世界でしたので、ハイバンドで聞こえると嬉しくなります(笑)。

Related LinksのFrequency chart with transmitter details for East Asiaは「JANUARY FREQ. CHARTS ON AIR」というタイトルの通り、まだ更新されていません。リストよりチャートのほうが見やすいので、早く更新してもらいたいものです。

East Asia向け以外では、
1000-1300Z 6195 kHz (for South East Asia; from SG)
1400-1700Z 11890 kHz (for South Asia; from SG)
1500-1700Z 9410 kHz (for Afghanistan, Iran & Central Asia; from SG)
1600-1900Z 7375 kHz (for Afghanistan, Iran & Central Asia; from SG)
1700-1900Z 9410kHz (for East Africa; from UAE)
等が聞こえる時間帯があります。
(1300-1500ZのSouth Asia向け15310 kHzもかすかに聞こえますが当地ではノイズが多すぎてNGです→4/30: その後聞こえるようになりました)



時間帯別 (4/30更新)

1000: 6195sea, 9740ea, 15285ea, 17760ea, 21660ea
1100: 6195sea, 9740ea. 15285ea, 17760ea
1200: 5875ea, 6195sea, 9740ea, 11750ea
1300: 5875ea, 6195ea, 9740ea, 15310sa
1400: 11890sa, 15310sa
1500: 9410ca, 11890sa
1600: 7375ca, 9410ca, 11890sa
1700: 7375ca, 9410eaf
1800: (7375ca, 9410eaf)
2200: 5905ea, 7485ea, 9740ea, 9890ea
2300: 5840ea, 9740ea, 9890ea, 12010ea
weak
(not confirmed)

[ATS-909X, 303WA-2]

posted by ESL at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信メモ

ER-C57WRに外部アンテナを(その2)

朝のKBS(31mb)も先日と同様にGNDだけつなぐほうが快適で、ANTもつなぐと聞こえなくなりました。ラジオやケーブルを入れ替えているうちに、ICF-SW7600GR用に使っているApexRadioの35BNCを間に入れると、ANT+GNDで快適に受信できることがわかりました。35BNCって中はコンデンサ(0.1uF)が入っているだけなんですよね。

それでふと思い出しました。短波別冊新版BCL QAハンドブックに、外部アンテナ端子のないBCLラジオに外部アンテナをつなぐ方法が書いてあったなと。改めて読み直してみると、コンデンサー結合(ロッドアンテナと外部アンテナの間に10pFぐらいのコンデンサーを入れる)がしっかり書いてありました。PL-210で試しても(GNDはUSB端子)当然の如く快適に受信できました。

BCLの世界から離れて二桁の年数が経っているわけですから、きちんと復習しておけって話ですね(笑)。

posted by ESL at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2016年04月03日

海外英語放送スケジュール(A16)

よく聞く/聞こえる海外英語放送のメモ(リンク)。

BBC World Service
http://www.bbc.co.uk/programmes/articles/2x9tqt6mc05vB2S37j8MWMJ/global-short-wave-frequencies (A16)
East Asia向けが良好。
夜はSouth Asia向けの一部、Afghanistan, Iran & Central Asia向けの一部が聞こえる(SGからの送信)。

Radio New Zealand International
http://www.radionz.co.nz/international/listen (A16)
0659-1258ZのPacific/PNG向け9700 kHzが良好。

Radio Australia
http://www.radioaustralia.net.au/international/radio/waystolisten/abc-radio-shortwave-frequency-guide.pdf (B15)→4/14追記:A16(4/3-)に差換済み
夕方から深夜のPNG向け12065 kHzが良好。
次いでBougainville, Solomon Islands, New Caledonia, Vanuatu向け。

China Radio International
http://english.cri.cn/7146/2015/10/29/2141s901751.htm (A16)
East Asia向けが良好(Siberia向けを除く)。
深夜のSoutheast Asia向け・South Asia向け・West Asia向けも一部聞こえる。
昼間はEast Asia向けよりMiddle Asia向け(16mb)が良い場合もある。
夕方にかけてのEast Asia向けの放送がない時間帯は、強くはないがWest Asia向け・Southeast Asia向け(16mb)が聞こえる。

タグ:BBC ABC CRI RNZI
posted by ESL at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送スケジュール

海外日本語放送スケジュール(A16)

よく聞く/聞こえる海外日本語放送スケジュールのメモ。
全く聞かない/聞こえない局は除く。
時刻はJST、周波数はkHz。

ラジオ・タイランド
2200-2215: 9390
http://www.hsk9.org/broadcast-schedule-A16.html

ベトナムの声
2000-2030 (本): 9840 12020
2100-2130 (再): 9840 12020
2300-2330 (再): 9840 12020
0700-0730 (再): 9840 12020
※実際は12019。
※27分に電波停止。
http://vovworld.vn/ja-JP/introsection.vov

モンゴルの声
1930-2000 (本): 12035
0000-0030 (再): 12015 ※5/10追記: 同波にVOK(ロシア語)
( http://jp.vom.mn/ )

RTI台湾国際放送
2000-2100 (本): 9735
2200-2300 (再): 9735
0700-0800 (再): 9735
1700-1800 (再): 11605
http://japanese.rti.org.tw/listening/?recordId=2480
(B15開始時から更新されていない。実際にはB15の途中で朝の放送は11605→9735に変更された)

CRI 北京放送(中国国際放送局)
1900-2000 (本1): 7325 11620
2000-2100 (本2): 1044 7325 11620
2100-2200 (本3): 1044 7325 11620
2200-2300 (再1): 1044 7325 7410
2300-2400 (再2): 1044 7395 7410
0000-0100 (再3): 1044 7410 9585
0700-0800 (再1): 9535 13640
0800-0900 (再2): 11680 13640
※周波数変更時は57分に電波停止。
http://japanese.cri.cn/782/2015/10/20/141s242461.htm (B15→A16 [4/7確認])
http://japanese.cri.cn/1341/2015/09/02/141s241111.htm (A15秋)
http://japanese.cri.cn/1341/2014/10/23/141s228030.htm (A15)
※平日のハイウェイ北京以外の本2,本3は本1の再放送、平日の本2のハイウェイ北京は翌日(平日)に本3で再放送。
 本1の全てと本2のハイウェイ北京(平日)が本放送で他は再放送。
 ニュースの後・ハイウェイ北京の前の番組は、月〜水の再放送を木〜土に?(未確認)

KBSワールドラジオ
1700-1800 (本): 6155 7275
1800-1900 (再): 9805
1900-2000 (再): 9805
2000-2100 (再): 1170
2100-2200 (再): 1170
1000-1100 (再): 9580
1100-1200 (再): 11810
http://world.kbs.co.kr/japanese/about/about_schedule.htm

朝鮮の声放送
1630-1730 (本1): 621 (3250) 6070 9650 11865
1730-1830 (本2): 621 (3250) 6070 9650 11865
1830-1930 (再1): 621 (3250) 6070 9650 11865
1930-2030 (再2): 621 (3250) 6070 9650 11865
2030-2130 (再1): 621 (3250) 6070 9650 11865
2130-2230 (再2): 621 (3250) 6070 9650 11865
0630-0730 (再2): 621 (3250) 9650 11865
0730-0830 (再1): 621 (3250) 9650 11865
0830-0930 (再2): 621 (3250) 9650 11865
※1=27分頃、2=20分頃に番組終了。
( http://www.vok.rep.kp/CBC/Japanese.php )

Reach Beyond (HCJB-Australia)
0730-0800 (本)(土、日): 17760
2000-2030 (再)(土、日): 15400
※土曜=サタデートーク、日曜=バイブルトーク
http://japanese.reachbeyond.org/SW_Schedule/SW_Schedule.html

KTWR日本語放送フレンドシップラジオ
2115-2145 (日曜): 9975
http://friendshipradio.net/ktwr.htm#pageLink04

IRIB イラン・イスラム共和国放送 ラジオ日本語
0550-0650 (再): 9765 11695
※本放送は前日2220-2320でストリーミングのみ。
http://parstoday.com/ja/radio/frequencies

続きを読む
posted by ESL at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送スケジュール

2016年04月02日

ER-C57WRに外部アンテナを

ER-C57WRに外部アンテナをつないでみました。アンテナはいつもの303WA-2です。

まずロッドアンテナに同軸ケーブルの芯線側をつなぐと、当然の如くノイズだらけです。DCプラグをさして、GND(マイナス側)と同軸ケーブルのシールド側をつなぐとノイズは若干減りましたが、混変調もあってイマイチです。たまたまロッドアンテナ側だけ外してみるとノイズもなくそこそこいい感じです。アースではなくカウンターポイズだからでしょうか。

49mbと41mbはそれなりに聞こえますが31mbや25mbなどは感度がよくありません。そういえばPL-210で外部アンテナを試した時も同じような傾向でした。これがうちのアンテナシステムの特性なのでしょう。本当は芯線側もつないでアッテネーターを入れるべきなのかもしれませんが、CRI(49mbの英語、41mbの日本語)はカウンターポイズで十分実用的ですし、混変調に気をつけつつ芯線をつなげば49mbのBBCや31mbのRNZIもかろうじて聞こえました(でもなぜかRTI日本語は聞こえず)ので、とりあえずこれでよしとすることにしました。

4/3追記:
朝のRTI(31mb)はGNDだけつなぐとフルスケールで聞こえましたが、ANTをつなぐと聞こえなくなりました…。



タグ:ELPA ER-C57WR
posted by ESL at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2016年03月26日

PL-210のソフトミュート無効化改造

改造方法が公開されましたね。
http://mini.x0.com/2016/03/26/2382/
(C96の上側と1Q1のベース(左下)に22kオーム(1/8W)の抵抗を追加)
タグ:PL-210
posted by ESL at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ