2022年05月06日

Re: TECSUN PL-330 (Export Version)

2021/1/14の記事「TECSUN PL-330 (Export Version)」の
ちなみに中波の外部アンテナ設定([3]長押し)、中波以外を受信して中波に戻るとSWの表示がありますが実際には内蔵バーアンテナを使っていました。なので毎回設定し直す必要があります。
の部分についてコメントをいただきまして、FM→MWは大丈夫とのことですので試してみました。

NGパターン:
 MW→SW→MW
 MW→LW→MW
 MW→VF/VM

OKパターン:
 MW→FM→MW
 MW→SW→FM→MW
 MW→LW→FM→MW
 (NGパターン)→FM→MW
 (NGパターン)→電源OFF→電源ON

ということで、FM→MWまたは電源OFF/ONで復旧するようです。

和賀町の武ちゃんさん、どうもありがとうございました。

タグ:PL-330
posted by ESL at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2021年08月22日

TECSUN AN-48x

前々から気になっていたTECSUNのアクティブループアンテナ、AN-48xを入手しました。

窓際で内蔵バーアンテナで中波を受信してみた感じからあまり期待していなかったのですが(大阪・兵庫の民放局やNHKは十分聞こえますが、CRI、KBS、FEBC、AFNは存在がわかる程度)、またノイズ源が多いところでのアクティブループということでノイズがさらに強くなるんじゃないかと思っていたのですが、疑って本当にごめんなさい、というレベルでいい買い物でした。

イラストではアンプとコントローラーをつなぐケーブル(TRS male - TRS male cable)が短くてこれも不安だったのですが、5m近くあって窓から机まで十分届く長さでした。

ループアンテナはカーテンの上部に洗濯バサミでとめました。スタンドを組み立て、R-108とその上にFerrite couplerを置き、Frequency Tuningダイヤルを回して一番感度がいいところに調整しました。CRI、KBSは内容が十分わかる程度、そしてFEBCは強力に入感しました。AFNはこの時期はさすがに弱いのですが、それでも冬に期待できそうな強さです。ただ、チューニングを誤るとNHK-R2(当地で最も強力な局)の混変調で目的の局が全く聞こえませんでした。

中波はそんな感じで満足のいくものでしたが、短波は屋外の303WA-2と同じかそれより弱いぐらいでしたので(当然設置場所や向きにもよるのですが)いまのところは中波専用となっています。

posted by ESL at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2021年05月20日

TECSUN PL-680 Frequency Calibration

以前PL-680を手放しましたが最近また入手しました(笑)。
NARROWにすると極端に感度が落ちるようなので調べてみると、周波数表示が少しずれていました。
最近のPL-660やPL-680は隠しコマンドで校正できるようですのでやってみました。

まず、基準とする電波の周波数をセットします。
短波はAIRボタン、FMはSYNCボタンの長押しで校正モードに入ります(バックライトが点滅します)。
ダイヤルを回して、電波が一番強くなったところで[1]キーを押します。
これで周波数の校正が完了しました。

と言いたいところですが、周波数表示がさらにズレました。あれ?

試行錯誤した結果、こんな感じで校正できました。
基準とする電波と周波数表示のズレを確認します。
10,000 kHzを受信して電波が一番強いところの表示が9,998 kHzの場合、
10,000 kHzを表示させた状態で校正モードに入って、
ダイヤルを回して9,998 kHzにセットして[1]キーを押して確定します。
(ちなみに5 kHz以上(?)ずらした場合は Err 表示になりましたが、校正されていました)

ただし、周波数によってはやはり表示がズレています(校正に使用した周波数によって、どのあたりがズレるのかは変わるようです)。
これは以前使用していたPL-680 (2015年頃の製造)も同じような感じでしたので、そういうものだと思っておきます。

なお、今回使用したPL-680は2021年3月製造で、[AIR]を押しながら電源ONで表示されるファームウェアバージョンは「215 6622」です。
タグ:PL-680
posted by ESL at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2021年03月10日

R-108の中波

当地では強力なはずの中波のNHKがものすごく弱くておかしいなと思ったら、どうやら外部アンテナをつないでいると(というかプラグを挿していると)、中波の感度が極端に悪化するようです。

そして中波の感度はPL-330のほうがよさそうです。

タグ:R-108 PL-330
posted by ESL at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2021年01月17日

PL-330ファーストインプレッション

TUNINGとVOLUMEが入り込んでいるので回しにくい。加えてエンコーダーのクリック数が15しかないので周波数の変更が大変。

放送バンドごとに周波数を記憶しているので使いやすい([<]と[>]で放送バンドを移動した時、PL-450やPL-310ETのようにバンドローエッジになるのではなく、前に受信していた周波数になる)。

周波数ステップは、AMモードは5kHz/1kHz固定。SSBモードは5kHz/1kHz/10Hzで、10Hzステップの場合はダイヤルを素早く回すと(回しにくいけど)50Hzステップになる。5kHzステップは、AMモードは5の倍数、SSBモードは5kHzステップに切り替えた周波数から5kHzごと。基本的にステップ数固定なので、PL-310ETのように常に自動切替となるより使いやすい。ただ、PL-450のように固定と自動切替の選択肢があってもよかった。

SSBもちゃんと受信できる。0.99kHzの次は1.00kHzになるので違和感がない(0.99kHzの次が0.00kHzになるラジオもあったと思う)。10Hzステップの状態でLSB/USBを切り替えると1kHzステップに変わってしまうのが少し不便。あと、STEPを変更した際に1kHzの位が1つ加算される場合がある。表示だけの問題のようで、周波数を動かすと正常な表示になる。(ファームウェアバージョンは3305)

周波数表示(SSBで0.1MHz以下)は誤差が大きいような気がする。

同期検波の効果はまだよくわからない。STEP切替は5kHz/1kHz/100Hz。LSB/USB切替で5kHzステップに変わる。

ソフトミュートが動いているのかよくわからない。短波の弱い信号はPL-310ETよりも聞こえる(PL-310ETはソフトミュートが働いてしまう。PL-310ETのファームウェアバージョンは31E5で、このバージョンはソフトミュートが効きすぎるらしい)。逆に強い信号はPL-310ETのほうが綺麗に聞こえる。ただし、PL-330はR-108やPL-310ETより10dBμ程小さい数値を表示している(SWの場合)。(※)

FMの感度は、R-108より良くて、PL-310ETより少し良い、そしてD-808より若干悪い。ような気がすると思ったら、PL-310ETが一番悪くて、D-808では信号はPL-310ETより強く入ってるけど了解度が悪く、R-108とPL-330が一番聞きやすい、という局(周波数?)もあって、ギリギリ聞こえるかどうかという局に対する総合評価はPL-330に軍配。R-108とPL-330の比較では、PL-330の方が5-10dBμ程大きな数値を表示していることが多いように思う。(※)

THE SWLING POSTのSpecial Featuresに書いてあるFMで[4]長押しの機能は、FM deviation setup 75Hz(US)/50Hz(Europe)ではなく、FM de-emphasis settingで50.US=50μs (for Europe, Australia, Japan (and most other locations)と75.US=75μs (for the Americas and South Korea)。英文マニュアルに記載されている(p.17)。

隠し機能の「MWで[3]長押し: 中波アンテナ切替」は、外部アンテナ(SW表示あり)に切り替えた後、SWを受信してMWに戻る、[VF/VM]を押す、メモリー番号を変更する、といった操作をすると、SWの表示はあるが実際には内蔵バーアンテナに切り替わっているので、要注意。

隠し機能の「[7]長押し: Max Audio Level」は、バンド(LW/MW、SW、FM)/モード(AM/SSB/FM)別ででそれぞれ設定。バンド別の初期値/最大値は、LW/MW=58/60、SW=60/63、FM=58/60 (AM/SSBは同じ)。最小値はいずれも30。値が大きいと最大音量は大きくなるが、1クリックあたりの変化量も大きくなる。小さい値にしておくほうが使いやすいかもしれない。

※受信の確認は、SW, FMともに外部アンテナを使用。

posted by ESL at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2021年01月14日

TECSUN PL-330 (Export Version)

ということで(?)、1/11(月)に注文したPL-330が無事届きました。COVID-19の影響でFedEx一択、送料は16.50USDでした。

ファームウェアバージョンは3305でしたが、使える隠し機能は3302と変わりないようです。

ちなみに中波の外部アンテナ設定([3]長押し)、中波以外を受信して中波に戻るとSWの表示がありますが実際には内蔵バーアンテナを使っていました。なので毎回設定し直す必要があります。

2022-05-06追記:
コメントをいただき再確認しましたところ、MW以外→MWではなく、SW→MWとLW→MWの時だけ内蔵バーアンテナに戻っており、FM→MWは外部アンテナでした。。MW→SW/LW→MWはNG、MW→(SW/LW→)FM→MWはOKです。また、MW→SW→MWのあと電源を入れ直しても外部アンテナでした。
タグ:PL-330
posted by ESL at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2021年01月10日

XHDATA D-808とRADIWOW R-108

先月アマゾンを見ていると、XHDATA D-808とRADIWOW R-108に割引クーポンがあったので、つい買ってしまいました。D-808は以前から興味があったのでこちらがメインで、R-108はついでという感じです。

が、実際に使ってみるとD-808は私には合いませんでした。あまり悪い評判は見かけなかったのですが、どうも音がイマイチです。音のピークでビビリが入っているような、常にかすかにソフトミュートON/OFFがかかっているような、FMでいうとちょっと周波数がずれているような、常にノイズが乗っているような。こういうレビューは見当たらなかったので、ハズレの個体なのか、私の耳と相性が悪いのかもしれません。思っていたよりも小さくて軽いですし、スペックもいいと思うのですが、音があわないのであれば(ヘッドホンを使ってもあまり変わりありませんでした)どうしようもありません。

逆に全く期待していなかったR-108はかなり気に入りました。バッテリーがBL-5Cという点がイマイチですが、それと引き換えに得られたのであろう大きさ(小ささ)・重さ(軽さ)が帳消しにしてくれます。BAND切り替えは(LW→)MW→SW→AIR→FMの一方通行で、最初は面倒だと思っていたのですが、それぞれのボタンが独立しているよりボタンを探す手間が省けてむしろこのほうが楽だと感じています。音や感度も悪くなく、最近はこれがメインのラジオになっています。
タグ:D-808 R-108
posted by ESL at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2018年06月05日

短波ラジオのキット(メモ)

Pacific Antenna: Scout Regen Receiver
http://www.qrpkits.com/scoutregen.html

QRPGuys: K8TND Regenerative Receiver
https://qrpguys.com/qrpguys-regenerative-receiver

Four State QRP Group: Ozark Patrol (Simple Regen Receiver)
http://www.4sqrp.com/ozarkpatrol.php

Kit Radio Campany: KRC-1 (Step by step approach to building a superhet receiver)
http://www.kitradio.co.uk/page9.htm

Kit Radio Campany: KRC-2 (REGENERATIVE SHORT WAVE RECEIVER)
http://www.kitradio.co.uk/page10.htm

Kit Radio Campany: KRC-4 (BEGINNERS TRF RECEIVER)
http://www.kitradio.co.uk/page11.htm

MFJ Enterprises, Inc.: MFJ-8100K (WORLD BAND SWL RECEIVER-KIT)
https://mfjenterprises.com/products/mfj-8100k

タグ:kit
posted by ESL at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2017年05月14日

TECSUN PL-365

久しぶりにAnon-CoのサイトをみてみたらPL-365がありました。
http://www.anon-co.com/product/tecsun-pl365-ssb-radio

私がBCLを再開してAnon-Coを知った頃にはもう取り扱っていなくて、eBayでGP-5/SSBを落札しました。
微妙に色が違うのでPL-365にリプレースしたい気もしますが…がまんがまん。。。
posted by ESL at 14:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ

2016年05月21日

PL-880音質改善(DNR・ソフトミュートOFF)

PL-880(のAM/SSBモード)は音がこもっていて気に入らなかったのですが、これはDNRとソフトミュートが原因でした。

1) 電源ON
2) 「4」長押し(4秒)でAdditional FeaturesをONにする
3) 「6」長押し(2秒)でDNRをOFFにする(再度長押しでON)
4) 「9」長押し(2秒)でMuting ThresholdをTUNINGダイヤルで00にする(「9」短押しで確定)
※Firmware Versionは8820

Muting Thresholdはバンド or モードごとに設定しないといけないようです。
初期値は次の通りでした。
 LWのAM: 05
 MWのAM: 05
 SWのAM: 05
 LW/MW/SWのSSB: 05
 LW/MW/SWのSYNC: 05
 FM: 04
FMだけ変更したい場合は、Additional FeaturesはONにしなくても大丈夫です。

参考)
http://swling.com/blog/wp-content/uploads/2015/01/Tecsun-PL-880-Hidden-Features-Firmware-8820-v1.0.pdf

追記
電源を入れ直すとDNRが有効になってしまう(?)時があります。その場合はAdditional FeaturesをONにすると正常な状態に戻るようです。
タグ:PL-880
posted by ESL at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ