2015年11月11日

PL-680の調整

ラジオ・タイランド日本語放送の放送開始30分前にPL-680の調整を始めました。参考にさせていただいたブログはこちら:
http://blog.livedoor.jp/kerokeronyororo/archives/32048688.html

50μVの信号を入れるとSメーターが振り切りますが、テスターはぴくりとも動きません。ANT GAINをLOCALにするとメーター1つになりましたので、あとは耳で判断することにします。ところがT14/T13を回そうとしますが動きません…。コアを壊すのもいやですのでこれは諦めてT12へ。こちらは動きましたので最初の位置を覚えておきつつぐるぐる回しました。明らかに強く聞こえるところがあり、メーターを見てみると1→2へアップしていましたので、とりあえずこれで良しとしました。時計を見ると21:59JST、放送開始直前でした(笑)。

PL-450とPL-680でラジオ・タイランドを聞き比べてみると、やはりまだ感度はPL-450のほうが上ですが、それでも昨日までよりはよく聞こえています。ただ、PL-450では4-5ぐらいの強さでもPL-680では0-4と、弱くなったときの落差が激しい感じです。次はT14/T13の再挑戦と、ダイナミック・スケルチ(ソフト・ミュート)をキャンセルしてみようと思います。

あ、今日もこじまひでみさんでした。

タグ:PL-680 HSK9
posted by ESL at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 受信機・アンテナ
この記事へのコメント
PL-680 ダイナミック・スケルチ(ソフト・ミュート)キャンセルの投稿 心待ちにしております。
facebookのほうで、PL-680のソフトミュートが酷い という話題が有っていますので。
Posted by sonet21 at 2021年11月22日 13:20
他のラジオを使うことも多くて、結局改造しなかったんですよね…。

ご存知かもしれませんが、参考にする予定だったブログ(のコメント欄)へのリンクをはっておきます。
https://herculodge.typepad.com/herculodge/2012/08/the-good-and-the-bad-on-bills-second-tecsun-pl-660.html#comment-6a00d8341c6d1b53ef01761733f443970c

Posted by ESL at 2021年11月22日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167605975

この記事へのトラックバック