2015年11月01日

BCL再開

1981年〜1983年頃、ナショナルR-299でBCLを楽しんでいました。ラジオオーストラリア、BBC、北京放送、ラジオ韓国、自由中国の声、ベトナムの声、HLAZ、HCJBなどの日本語放送が中心でしたが、VOAやBBCの英語放送も意味がわからないながらもよく流していました。1992年か1993年頃、ソニーICF-SW7600をなんとなく購入したものの、長波のロシア語放送を少し聞いた程度でした。その後、R-299は家族にAMラジオとして使われていましたが結局壊れて廃棄処分、全く使わなくなったICF-SW7600も手放しました。

思うところがあって2015年10月、久しぶりにラジオを購入しました。いわゆる中華ラジオのTECSUN PL-680とPL-310ETです。目当てはPL-680で、DSPラジオというものはどんなものかと試しにPL-310ETも買ったのですが、PL-310ETが思いのほか高性能で気に入ってしまいました。R-299のようなコンパクトさもよかったのかもしれません。立て続けにPL-210、PL-380、PL-450と購入し、ついでにPL-880も買ってしまいました。さらにApexRadioの303WA-2も購入しました。今はPL-450をメインに、PL-310ETをサブにしつつ、SSBはPL-880で、他は気分によって使い分けながら、BCLを楽しんでいます。

posted by ESL at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166928062

この記事へのトラックバック